症状を確認しよう|大型犬用のキウォフハートも、今では通販サイトで買えます

大型犬用のキウォフハートも、今では通販サイトで買えます

水の入ったコップと薬を持っている女性

症状を確認しよう

黄色の薬

今日もペットは元気だ!といっても、すでにフィラリアの感染が始まってしまっている可能性があります。
当然それはあなたのペットのことにも言えるので、フィラリアをできるだけ早い段階で発見するための方法を紹介しておきましょう。
まずフィラリアが感染してからある一定の期間が経つと、さまざまな症状が出てきてしまいます。

その症状として一番よく見られるのが乾いた咳になります。
最近どうも咳をよくするなぁと思ったことありませんか?
そしてそこから徐々に元気がなくなっていき、散歩に行くのを嫌がるしぐさをみせたりします。
今までは喜んで散歩に行っていた犬が、散歩を嫌がっているということがあれば危険です。
大体この段階まで来たらすでに血管へのダメージが始まっているので、完全に黄色信号状態だと断言します。
もしあなたのペットがこのような症状を出すようになったら、すぐに処置しなければなりません。

ただここで気を付けないといけないのはケースバイケースでその処置が変わるということ。
たとえばあなたの犬が何歳なのかによっても変わりますし、寄生状況はどうなっているのかを詳しく診察してもらわなければ、状況によって処置が変わってくるのです。
でなければかえって死滅したフィラリアが肺の血管に詰まっていき悪化するので、必ず薬を投与する前に診断はしておきましょう。
もっといえば急性の悪化症例のときは緊急で手術をすることになりますので色々なパターンがあることもここで認識しておいてください。