犬用のキウォフハートも、今では通販サイトで買えます

キウォフハートで予防する「フィラリア症」ってどんな病気?

フィラリア症について解説する医者

フィラリア症は、犬を飼ううえで必ず知っておくべき病気のひとつです。しかし、だからといってすべての飼い主さんが詳しく理解しているとは限りません。

TOPページの冒頭でフィラリア症について簡単に説明していますが、「あれだけではまったくわからない」という方もいるのではないかと思います。

そんな方に向けて、ここではフィラリア症について詳しく解説していきます。犬を飼っているがフィラリア症を知らない方、近々初めての犬を飼おうと考えている方は、特に目を通してみてください。

フィラリア症の怖さとは

眠っている犬

犬の病気はいくつもありますが、その中でも特にフィラリア症を心配する声が上がる理由。

それは、犬にとって身近でありながら危険性が高い病気だからです。症状については後に記述しますが、場合によっては死を招くこともあります

そんな危険なフィラリア症について、さっそく見ていきましょう。

蚊から感染する恐怖の病気

蚊のシルエット

フィラリア症はその名の通り、フィラリアという寄生虫によって起こる病気です。この寄生虫は、自ら移動して犬に寄生するわけではありません。

幼虫期に蚊の体内に入り込み、蚊が吸血のために犬に接触するタイミングで犬の体内に侵入します。

この段階ではまだ脅威はありませんが、厄介なことにフィラリアの幼虫は犬の体内を移動し、やがて心臓や肺動脈に棲み着いて成長していくという性質を持っています。

フィラリアの成虫は長い糸状の体をしており、場合によっては体長が30cmを超えることも。

それほどのサイズの寄生虫が心臓や肺動脈に棲み着くとなれば、必然的に各器官の機能は弱まり、血液がスムーズに循環しなくなります。その結果、危険な症状を引き起こします

主な症状について

ぐったり疲れている犬

フィラリア症による症状は多く確認されています。具体的には血尿や貧血、吐血、肝臓の肥大、腹水、呼吸困難などが挙げられます。

また、すぐに息切れを起こしたり散歩を拒んだり、あるいは乾いた咳を頻繁にしたりといった変化が現れることもあります。そのほか、最悪の事例として、急性症状によって急死するケースも確認されています

これらの症状は、フィラリアの寄生から何年も経ったあとに発症することがほとんどです。フィラリアが暴れることで早期に症状が現れる、あるいは状態が悪化するケースもありますが、いずれにしても救急治療を行う必要があります

なるべく早い段階で治療に取り掛かるために、日頃から愛犬の様子を観察し、わずかな異変もすぐ察知してあげられるようにしましょう。

フィラリア症の予防法と治療法について

フィラリア症は犬にとって危険な病気ですが、治療法はあります。また、常日頃から予防することで、フィラリアの侵入や成長を阻止することもできます。具体的に治療法と予防法をそれぞれ確認してみましょう。

発症した場合の治療法

犬の検査をする獣医

万が一にもフィラリア症を発症した場合は、犬の年齢や健康状態、フィラリアの寄生状況などにあわせた方法で治療する必要があります

たとえば、若くて体力のある犬であれば治療薬を投与する、あるいは外科手術をすることによってフィラリアを駆除します。

そうでない場合は、症状を適切な治療法で緩和しつつ、フィラリアの自然な死滅を期待するしかありません

いずれにしても、100%安心安全に治療できる保証はなく、相応のリスクをともないます。

事前に予防することが第一

予防の大切さを指摘する医者

フィラリア症の治療法はありますが、安全性は保証されていません。そのため、発症しないために予防することが大切です。

フィラリア症を予防するためには、フィラリア症予防薬を投与する必要があります。薬に含まれている有効成分の働きにより、フィラリアの幼虫を駆除したり孵化を阻止したりといった効果があります。成虫になる前にフィラリアの成長を止めることで、各症状の発症を防ぐことが可能です。

上記のように、フィラリア症は蚊が媒介する感染症です。そのため、蚊が発生し、活動している期間中は予防する必要があります。蚊は暖かい環境、具体的には15℃以上で活発になる性質を持つため、活動時期は地域によって異なります。

蚊の発生しそうな家

一般的には4~11月とされていますが、気温によって前後することがあるので、臨機応変に対応しましょう。

予防を始める時期については、蚊が現れ始めた段階からで問題ないでしょう。注意しなければいけないのは、予防を終える時期です。

単純に考えれば、蚊がいなくなった段階で予防薬の投与をやめても問題なさそうに思えます。

しかし、蚊がいなくなったからといってすぐに投与をやめてしまうと、まだ体内に残っていたフィラリアによって発症するおそれがあります

万全を期すためには、蚊がいなくなってからも1ヶ月間は予防を続けることをおすすめします

フィラリア予防薬は専用の通販サイトを使って簡単に注文できるので、早めに購入していつでも予防できる状態に備えておきましょう

キウォフハートを購入する

TOPへ