犬用のキウォフハートも、今では通販サイトで買えます

キウォフハート徹底解説

犬のフィラリア症予防ならキウォフハート

セントバーナード

家族の一員である大切な犬たちは、私たちがきちんと面倒を見てあげなければ思わぬ病気に倒れてしまうことがあります。

たとえばコワいのは、蚊を媒介するフィラリア

蚊の体内に入ったミクロフィラリアという幼虫が犬の血管内に送り込まれ、血管内で成長してやがては大事な動脈を詰まらせてしまう……そんな病気です。

この病気を防ぐには、フィラリア症予防薬を使用する必要があります。フィラリア症を予防する薬は数多くありますが、おすすめはキウォフハートというジェネリック医薬品

キウォフハートはジェネリック医薬品なので安価に購入できるというのが大きなメリットであり、なおかつしっかりと効果を発揮してフィラリア症を予防してくれます。

ここでは、そんなキウォフハートの詳しい効果と特徴を見ていきましょう。さらに、キウォフハートを安価で手軽に購入する方法についても紹介します。

キウォフハートを購入する

キウォフハートの効果と特徴

キウォフハート

キウォフハートは、フィラリア症の原因となるミクロフィラリア、さらに回虫や鉤虫などの消化管内線虫を予防する効果があるペット用医薬品です。

もとになった先発医薬品は、カルドメックという日本国内の動物病院でよく処方されている人気のフィラリア症予防薬です。カルドメックは海外ではハートガードプラスという名前で販売されており、世界中の愛犬家に愛用されています

そんな世界で人気のカルドメックと同じ成分を含有し、ほぼ同じ効果を発揮するキウォフハートは、「しかもカルドメックより安い」という特徴を持っています。1回の投与で1ヶ月間、体内の寄生虫に対する予防効果が持続します

ただし、皮膚にくっついて激しいかゆみを起こすヒゼンダニを駆除する場合、1回または2回同時に投与する必要があります。

有効成分について

有効成分について説明する医者

キウォフハートの有効成分は、カルドメックと同じ「イベルメクチン」「パモ酸ピランテル」

イベルメクチンはミクロフィラリアのGABA受容体に作用して死滅をはかる強力な駆虫効果を持ち、多くのフィラリア症予防薬の主成分となっています。

一方のパモ酸ピランテルは回虫、鉤虫、鞭虫などに作用すると麻痺を起こさせて体内に留まるのを阻止。体内から便として排出して、消化管内を健康に保ちます。

また、これらの成分はセンコウヒゼンダニにも作用するため、疥癬(かゆみをともなう皮膚感染症)の治療にも有効であることがわかっています。

犬にストレスを与えないチュアブルタイプ

キウォフハートはチュアブルタイプ

医薬品は、苦味のあるものがほとんど。そういった医薬品そのままの味では、嗅覚の優れた犬にとっては食べる際にストレスを感じてしまうことがあります

健康を守るための医薬品が愛犬にとってのストレスになるのは本末転倒ですし、犬が薬を吐き出してしまったり、そもそも口にしなかったりすると、飼い主にとっても投与が難しくなります

というわけで、キウォフハートは犬がおいしく食べられるように“半生チュアブルタイプ”となっています。食いつきのいいビーフの香りが施されており、犬がおやつ感覚で口にできるようになっています。これなら薬嫌いな犬に対しても投与しやすいでしょう。

体重別に商品が販売されている

キウォフハート各種

医薬品は体の大きさによって必要な服用量が異なります。薬の有効成分には多すぎても少なすぎてもいけない“適正量”があるのです

特に犬の場合は、小型犬から大型犬までサイズはさまざまであり、たとえばチワワとセントバーナードに同量の薬を上げることはできません

チワワにとって薬の量が多すぎたり、セントバーナードにとって少なすぎたりするのです。

そのような事情もあって、キウォフハートは「小型犬用」「中型犬用」「大型犬用」という3種類が販売されています。飼っている犬の大きさに合わせてスムーズに選ぶことができます。

フィラリア症予防薬の投与期間について

フィラリア症予防薬の投与期間について説明する医者

フィラリア症は、蚊によって運ばれるミクロフィラリアという寄生虫が原因となる感染症です。

つまり蚊がいなければフィラリア症予防をする必要はないため、フィラリア症予防薬の投与は蚊が発生している期間中ということになります。

日本では、蚊が池の周囲で飛び始める春の終わり頃から、暑い夏が終わって秋が過ぎようとする頃まで。具体的には、5月末~11月末までと考えると良いでしょう。

ただし、蚊は気温が15度を超えると吸血を開始されるといわれています。地域によっては早めに投与を開始したり終了時期を遅くしたりと調整が必要です。

たとえば沖縄などの暖かい地域では、念のために1年を通してフィラリア症予防薬を投与している、そんなご家庭も珍しくありません。

副作用はあるのか?あるとしたらどんな副作用?

副作用について解説する医者

『キウォフハート』は安全に使用できる医薬品ですが、ごくまれに副作用が出る場合があります

副作用として報告されているのは、「かゆみ」「吐き気」「めまい」「元気がなくなる」などといった症状です。副作用がひどい場合は、必ず獣医師に相談または診断を受けるようにしましょう

また、初回投与時は嘔吐してしまう可能性があります投与後1時間以内に吐き出してしまった時は2~3日あけてから再投与するようにしましょう。それでもキウォフハートが体に合わない場合は、他のフィラリア症予防薬に変更することをおすすめします。

フィラリア症を発症している犬に対して投与すると症状が悪化する危険性

キウォフハートはフィラリア症を予防することはできますが、すでに発症したフィラリア症を治療することはできません。逆にすでにフィラリア症を発症している犬に対して投与すると、症状が悪化して最悪の場合死にいたる危険性すらあります

キウォフハートを投与する場合は、愛犬がフィラリア症を発症していないことをあらかじめ確認するようにしましょう(確認は動物病院で検査を受けることで行うことができます)。

安く買う方法なら通販がおすすめ

キウォフハートを安く購入するなら、通販を利用するのが一番。正確には、個人輸入という方法で購入することができます。

海外製医薬品の通販は合法!

海外製医薬品の通販は合法であることを説明する医者

日本製の医薬品、特に医師の判断で処方される「要指示医薬品」は、通販で購入することができません

ただし、海外製の医薬品の場合は通販が可能です。正確には、海外からお取り寄せをすることができます。ここでいう「通販」とは、「海外製の医薬品を取り寄せること」なのです。

海外で製造されているキウォフハートを日本向けに販売している通販サイトがあり、そこを通じて手に入れることができます。注文するとサイト側が海外から取り寄せ、自宅まで送り届けてくれます。

要するに「輸入」をするわけですが、面倒な手続きなどはすべてサイト側にお任せできるので、私たちはサイトを見て商品を選び、「カート」に入れて「注文確定」ボタンをクリックする……まるで普通のネットショッピングをするような感覚で、薬を手に入れることができます

個人輸入を手軽に行える個人輸入代行サイトについて

個人輸入で購入したユーザー

医薬品を通販で購入できるようになると便利ではありますが、個人輸入は外国語が理解できなければ行えないハードルの高い方法でもあります

これでは誰でも手軽に医薬品を通販購入することはできません。そこで、誰でも気軽に個人輸入を行えるようにしたのが個人輸入代行サイトという存在です。

個人輸入代行サイトは外国の業者とのやりとりをすべて行ってくれるので、外国語が理解できなくとも個人輸入が可能。注文方法も簡単で、商品をカートに入れたあとは注文者の情報を入力してあとは商品の到着を待つだけ

一般的な通販サイトと変わりなく利用できます。近年、ペット用医薬品専門の個人輸入代行サイトは増えてきているので、お気に入りの使いやすいサイトを見つけて利用しましょう

キウォフハートの平均価格について

キウォフハートのパッケージとシート

キウォフハートを販売しているペット用医薬品専門の個人輸入代行サイトは複数あります。

ここでは、それらのサイトでの販売価格をもとに平均価格を割り出しました

とはいえ、個人輸入代行サイトはそれぞれ送料などが異なるため、利用するサイトによって薬代以外にも送料がかかることは忘れないようにしましょう。

ちなみに、個人輸入代行サイトの中には送料無料になっているところがあります。そういったサイトを上手く活用すればより安価にキウォフハートが手に入れられるので、おすすめです。

※キウォフハートの通販平均価格

  • 小型犬(体重~11kg未満)用3,000円~3,500円前後
  • 中型犬(体重12-22kg)用3,500円~4,000円前後
  • 大型犬(体重23-45kg)用3,500円~4,500円前後

キウォフハートは犬種・体重別の商品があるため、かならず愛犬にあった商品を選んでください

たとえば、セントバーナードやドーベルマンなどを飼っている家庭では「大型犬用」を選ぶ必要があります。安価だからといって大型犬に小型犬用のキウォフハートを投与すれば、正しい薬効を得られません

逆に、大型犬用のものを小型犬に投与すると、効果が強すぎて副作用が出てしまう可能性もあります。

口コミや評判について

ここでは、キウォフハート愛用している方の口コミを紹介します

使ってみてよかったという口コミ(イイネ!)に加えて、「ちょっとウチの子には微妙だったわ」という口コミ(ウ~ン…)もあわせて紹介します。さまざまな意見を参考にしたうえで、購入するかどうか考えていただければと思います!

【イイネ!】

もともとカルドメックチュアブルを使用していたのですが、キウォフハートはカルドメックチュアブルのジェネリック医薬品ということでこちらに乗り換えました。うちの子はキウォフハートに変えてからもカルドメックチュアブルの時と同じように食いつきが良いですし、カルドメックチュアブルよりも安く購入できますし、変えてよかったなと思っています。効果もたしかで、一年ほど使用していますが問題ありません。

これまで、フィラリア症予防には白い錠剤タイプの薬を使用していました。でも犬の気分によってたまに食べるのを嫌がることがあったので、おやつのようにあげられるというキウォフハートに変更。すると毎回おいしそうに食べてくれるようになったので、投与しやすく快適です。

今はもうキウォフハートのない生活は考えられないですね。薬嫌いなうちの子でも食いつきがかなり良くて、毎月の投与を楽しみにしてくれています。薬を飲むのって人間でも嫌なものですが、犬は一度薬嫌いになると頑なに飲んでくれないので大変……。でもキウォフハートならそんな心配はありません。

普段からキウォフハートを使っています。フィラリア症予防として使用しているのはもちろん、キウォフハートは疥癬の治療にも使えるので一石二鳥。一度センコウヒゼンダニにやられて肌が荒れてしまった時も家にあるキウォフハートで手軽に治療できたので、とても便利でした。なくてはならない存在になりましたね。

キウォフハートは犬がおいしく食べてくれるのがいいのですが、なにより通販で購入できるというのがいいです。通院する手間がなくなればその分の時間を愛犬の散歩や遊びに回すことができますし、犬にとってもストレスがなくなって快適ですよ。まとめ買いができるのもミソで、忘れずに薬をあげることができておすすめです。

【ウ~ン…】

キウォフハートは薬嫌いのうちの子でもおいしく食べてくれるのですが、逆に食いつきが良すぎて丸呑みしてしまうので細かく砕いてあげています。どうやら丸呑みすると効果がちゃんとあらわれないみたい。その手間さえなければ楽なのにと思ってしまいます。

通販すると到着までに時間がかかるので、明日明後日に急いでキウォフハートが欲しい!という方の利用には向いていないと思います。でもキウォフハートは効果があって安いのでおすすめ。買い溜めして買い置きがなくなるのを防いだりしておけば安心ではないでしょうか

うちの子はかなり好き嫌いが激しく、キウォフハートはどうやらお口に合わなかったよう。買った分は砕いてフードに混ぜて食べさせていますが、そのままでは食べてくれないのでほかの薬に変えようか迷っています。

キウォフハートを購入する

TOPへ